徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務14年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】離婚協議書を専門家に頼むメリット・デメリット

【離婚協議書を専門家に頼むメリット・デメリット】
私も、離婚協議書を専門家として作成しますが、そのメリットは何でしょうか。

ご存知のとおり、ネット上には、離婚協議書の「ひな形」が沢山存在します。また、貴方のお友達が作成されたものを参考に、貴方がお作りになる手もあるでしょう。

「なるべく、不必要なお金はかけたくないのです」。

そのお気持ちもわかります。

では、なぜ、行政書士や弁護士に離婚協議書の作成を依頼するとよいのでしょうか。

それは、「将来の貴方・お子様を守る離婚協議書に、結果的に最もなりやすいから」。

専門家の作成であれば、法的に後々無効になるような離婚協議書はできないかと思います。

なぜならば、離婚に関する法的知識のほか、その他民法や、憲法・刑法等を研究した方であろうから。

つまり、法的に後々無効になる内容か否かの判断は、法律専門家として総合的に研究していないと難しいわけです。

さらに、貴方を守るような内容で結果的にできあがっていないと、それも後々困ります。それは、さらに、離婚問題につき様々経験を重ねてきた専門家でないと思いつきません。

「こんなはずじゃなかった…」

だからといって、いきなり、公証役場に行くのも心配です。なぜなら、貴方のご希望がまだ最善の形で確定していらっしゃらないだろうから。ベストな形にしてから、公証役場は行きたいもの。ゆえに、公正証書にする前に、やはり、離婚問題に明るい法律専門家への離婚協議書の作成依頼をお勧めします。

なお、私の場合、離婚協議書を使い、相手方より後から公正証書の作成を拒否されない「仕掛け」を致します。

ちなみに、専門家に依頼するデメリットの一番は、お金がかかることでしょうか。



最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。まずはお問合せから、お気軽に…。

【通信も可】私による、①お問合せは、面談のほか、電話、メールにて承ります。②離婚相談・書類作成は、LINEや、Skype、Zoomも活用中です。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属。行政書士、申請取次行政書士

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を3つの視点でトータルサポート。

 

①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポート等の離婚に関する法務
③離婚コーチン
 
詳しくは、僕の下記ホームページを。
 『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。
 
■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、千葉県(柏市松戸市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県つくば市古河市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市宇都宮市など)などで活動中。なお、その他全国・海外居住の方の案件も実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823