徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務13年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】言い方、内容には気をつける

【言い方、内容には気をつける】
貴方も、相手から言われたとき、ときには、ムッとしたり、カチンとしたりすることがあるかと思います。


それは、相手も同じです。


すなわち、相手が嫌なこと、頭にくることは、相手に対し、極力言わない方がよいでしょう。


言うと、喧嘩になるはず…。


もし、言う必要があるのであれば、言い方を考えましょう。


「ものは言いよう」。


同じことを相手に伝えるとしても、使う言葉で、相手の受け取り方は全く違うのです。


Aパターン:(新聞を指差しながら)「おい、それ、よこせ!」
Bパターン:「ゴメン。そのテーブルの上にある新聞、持ってきてもらえるかな?」


「私は、貴方に、新聞を持ってきて欲しい」という趣旨で、相手に対し、どちらも言っておりますが…、しかし、いかがでしょう。印象はだいぶ違うはず。


クレバーなやり方は、目的を達成することに最も重点を置き、かつ、なるべくリスクの低い手段をとることです。たとえ、ちょっと嫌でも、面倒でも、です。「勝てば官軍、負ければ賊軍」とも言いますよね。


つまり、貴方にとって、一番大切なのは、こちらの希望通りに、相手に考えてもらい、判断してもらい、かつ、やってもらうことではないでしょうか。


だとしたら、あえて、相手を怒らせたり、プライドをズタズタにしたりする必要はありませんよね。それは、たとえ、家族だとしても同様です。


逆に、言い方を誤れば、こちらの希望通りに物事をやってもらえないだけではなく、相手は、貴方に対し、精神的または物理的な攻撃もしてくる可能性があります。


ですから、自分の感情(喜怒哀楽や、イライラ、ストレスなど)を、そのまま、相手にぶつけるようなことも、極力避けたいものなのです。

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。まずは、お問合せから、お気軽に…。

【全国対応。通信のみによることも可】
①お問合せは、面談や、電話、メールにて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(レターシーリング設定済)や、Skype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚協議書・公正証書案などの作成で、安心。
③離婚コーチングで、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823