徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務14年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】財産分与

【財産分与】
離婚する際には、夫婦の財産につき、いかに分与するかも重要となってきます。


夫婦が婚姻中に協力して得た財産。これをいかにして分与するか。


まずは、とりあえず、夫もしくは妻名義と、夫婦共有名義の財産には、何があるか、リストアップからはじめましょう。


すなわち、全部紙に書き出してみる。


それから、財産分与の対象となる、夫婦が婚姻中に協力して築いた財産(夫婦共有財産)にはどれがあたるか、ふるいにかけましょう。

. 
つまり、「夫婦共有財産」にあたるものは何か、わかるようにする。


たとえば、預貯金。


婚姻期間中に得た預貯金については、財産分与の対象となります。


しかし、婚姻前に得た預貯金であれば、財産分与の対象外ですし、たとえ婚姻期間中に得たとしても、夫または妻が相続によって得たものなどは財産分与の対象外となります。


ですから、何が財産分与の対象となるかは、実は専門家でないとなかなか判断しづらいわけです。


さて、さらに言えば、婚姻期間中に得た財産の分与のほか、一時的に離婚後の一方の生活をアシストする扶養的財産分与や、慰謝料に関する財産分与もあるわけです。


いずれにせよ、まずは、夫婦の財産のリストアップから。


その後、できれば、専門家に相談しましょう。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室