徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務14年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】タイミング

【タイミング】
夫婦関係において、タイミングというのは、とても大切だと思うわけです。


「今、話しかけないで!」


貴方にも、これまでの人生において、そのようなご経験はございませんか?


人には、それぞれ、「今やりたい、今したい!」があります。


しかし、相手にも、「今聞きたい、今なら大丈夫!」があります。


特に、相手が男性の場合は、それが激しいようにも感じます。


たとえば、相手が、違うことで悩んでいる時や、考えている時、物事に集中している時…。


この時に貴方が相手に話しかければ、やはり、相手は、「あー、うるさいなぁ、少し黙っていてよ!!」となるわけです。


だからといって、「私が言いたい、やりたい時は、お前は、聞け!やれ!」とは、難しい…。夫婦関係といえども、人間関係の一つですから。


よって、言う、または、お願いするタイミングを探り、アクションを起こします。


でも、これは、相手にも、していただきたいですね。


「お互い様」が可能か…。つまり、お互いに、相手にとって大丈夫なタイミングがわかるかどうか…。


上手くいっていらっしゃるご夫婦は、意外とこれもすんなり実践なさっていらっしゃる方が多いように感じます。よって、夫婦関係修復が可能か否かのポイントの一つではないでしょうか。

 

..



最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。

--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】
・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。
⚫︎夫婦関係修復プログラム
⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成

詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。
 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室