徳する、夫婦・離婚相談[栃木県小山市等]

離婚や、別居、夫婦関係修復、婚前契約。夫婦サポート16年目。行政書士、渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、協議離婚、夫婦関係修復、別居、婚前契約に役立つお話。全サポートは、Zoom、LINE、郵送なども可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますサイトをご覧ください。お問合せは、無料。

【夫婦・離婚に徳するお話】的確な“離婚相談”

【的確な“離婚相談”】

「心」対策。

 

 

「夫婦関係修復」や「別居」についても、これは言えるかと思いますが、「離婚」問題については、貴方の「現状」に合った対策をしなければ、あまり意味がないと思います。

 

 

 

よくある、「一般的には…」という視点からの対策。これで貴方のケースも解決ができるなら、もちろんよいのですが、あくまでも、それは、「一般的な」視点。やはり、貴方の場合に合うとは、限らないのです。

  

 


また、他の方の、ご離婚や実務のご経験も、同様です。あくまでも、それで成功したのは、その方の場合。やはり、必ずしも、それが貴方の場合にもあてはまるとは、残念ながら、限らないのです。

 

 

 

離婚の際のポイントとしては、「貴方の場合に最適な方法を、貴方がしっかりと考えていく」ということ。

 

 

 

「一般的なこと」や「他の方のご経験」は、【参考】として、ありがたく、いただきたいもの。

 

 

 

ですが、まず、貴方がすべきなのは、貴方の現状を整理し、そして分析すること、です。

 

 

 

次に、お相手のキャラクター、貴方のキャラクター、その他ご家族の状態、そして、貴方の素直な気持ちを、整理・分析すること。

 

 

 

そこまで掘り下げて、貴方の“離婚相談”とは、すべきでしょう。

 

 

 

なお、私の場合、

●「離婚協議書」などの法的書類の作成に必要なこと

●「心」についての冷静・整理・分析

の、2つの意味の“離婚相談”を行ないます。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】私の夫婦サポート

【私の夫婦サポート】

「夫婦問題研究家」と「離婚行政書士」。

 

 

私、行政書士 渡邉康明に、どのような“夫婦サポート”ができるのか…。

 

 

相手との「夫婦の問題」が生じた時、

 

まず、相手との仲を改善するため、互いに改善に挑む、【夫婦関係修復】・【夫婦契約】が考えられるでしょう。

 

 


次に、今は改善が見込めない場合。しかしながら、すぐの離婚は難しい。ただ、同居は厳しい…。それなら、貴方とお子様の心と体と経済面を守るために、様々な【別居】の方法が考えられます。

 


・互いに相手に対して干渉しない、いわゆる【卒婚】。※なお、同居も可能。

冷却期間を設けたり、当分の間は別々に住む方がよければ、【週末婚】や【別居婚】。

・将来についての離婚を視野に入れた別居である、いわゆる【離婚約】。

 


 

やむなく離婚を考える場合、夫婦間で話し合って離婚する、【協議離婚】から検討しましょう。

 


 

でも、なるべく、夫婦仲が悪くなる前に、なるべく婚約・結婚前に、夫婦のマニュアル【婚前契約※】の作成や、その具体的ノウハウを学ぶ、《夫婦ゼミ》に参加なさった方が、後が安心でしょう。

 


事実婚契約書や、LGBTQの方々などのパートナーシップ契約書も、同様。

 

 

私のサポート。

 

基本的には、

上記【】に関する、

 

①これまでの様々なご依頼人様と作り上げてきた、「心のカウンセリング」による、過去・現在の冷静・整理・分析。

行政書士相談

・各種契約書等の作成に必要なこと

・役所・警察等の行政書士が手続できる官公署への手続に関すること

③将来の計画

④「①」から「③」を活かした書類作成および行政への手続

・各種契約書(離婚協議書や、示談書、誓約書、内容証明書、公正証書含む)等の作成

・役所・警察等の行政書士が手続できる官公署への手続

 

となっております。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】“離婚相談”に向けて

【“離婚相談”に向けて】
離婚相談をする際には、事前に、何をすべきでしょうか?

まずは、何よりも、証拠です。

●今から、証拠を漏れなく集める。
●過去の証拠は、きちんと、集めて、整理して、保管しておく。
●なるべく、コピーを沢山作り、万が一、相手に隠されたり、破られたり、壊されたり、消されたり等しても大丈夫なように。
 
 
証拠は、あればあるほど、有利です。DV、モラハラ、浮気など…。

「これ役立つかな?」と疑問に思っても、とりあえず、写真・録音・録画・スクショ。証拠は今しか残せません。不必要なら、後で削除等すればよいのですから。
 
 
また、相手から言われた「モラハラ・言葉の暴力」は、なるべくそのまま書き、それに対してどう感じたかを、日記をつけて、記録していく。
 
 
DVによる、肉体的ダメージがあるならば、怪我した患部の写真を撮ったり、医師の診断書をもらう。
 

浮気なら、信頼できる探偵に依頼する…。
 
 
証拠は、協議離婚でも、有用でしょう。なぜなら、それにより、貴方は有利に話ができるから。
 
 
次に、「Word」や「Excel」などで、これまでに起こった「事実」を細かく書いていきましょう。
 
 
パソコンで作れば、編集・送信・印刷・管理も、ラクですよね。
 
 
できれば、証拠と事実の関連がわかるように、編集なさってください。
 
 
難しければ、スマホのメモ帳や、メールを自分で自分に送って保管したりしてもよいでしょう。
 
 
まあ、これらも、念のため、データをコピーして、隠しておきましょう。
 
 
「離婚相談」への「予習」は、実はそれらで、大丈夫だと思います。カウンセリングでも、行政書士相談でも、法律相談でも。

 

 

【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】会話は“聴く”が重要

【会話は“聴く”が重要】

「会話」というと、ご自分が話すのに、一生懸命になりやすいですね。

 

 

それは、まるで、「プレゼン」のように。

  

 

しかし、貴方が、「聞きたくない相手」から、話をされたら、どう思われます?

 

 

「うるさい」

「聞きたくない」

「無視しよう」

 

 

 

つまり、そういうことです。せっかくの貴方の言葉は、「無意味」となってしまいます。

 

 

 

さて、会話とは、「貴方が話す」よりも、「貴方が聴く」ということが、秘訣です。

 

 

 

だって、話聞いてくれたら、気持ちよくなりません?…そういうことです。

 

 

 

聴いて、共感し、そこからなるべく、ハッピーな内容で、会話をやり取りし、話を膨らませる。

 

 

 

すると、相手との「ラポール(信頼関係)」は、高まってくるでしょう。

 

 

 

【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】離婚を“急かす”相手

【離婚を“急かす”相手】

相手が、貴方との離婚を急いでいるパターンがありますよね。

 

 

それはなぜか。

 

 

一つは、再婚したい相手がいる、がありますよね。

一つは、自由になりたい、がありますよね。

一つは、面倒なことを、とにかく早く終わらせたい、もありますよね。

 

 

 

とにかく、相手の現状を、整理・分析する必要があるでしょう。

 

 

 

特に、「暴走」タイプの相手は、とにかく、とにかく、貴方を急かします。

 

 

 

そう。「離婚届や、離婚協議書などの書類に、サインさせれば、勝ち」とだけ考えている方、よくいらっしゃいますね。

 

 

 

もちろん、理不尽なものには、サインしない。場合によっては、警察を呼びましょう。場合によっては、強要罪(刑法第223条)も考えられますから。

 

 

 

だから、相手の「急かす」に、動揺しないこと、焦らないこと。

 

 

 

どうしても貴方に代理人が必要なら、弁護士の先生に、まずは、法律相談しましょう。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】協議離婚って?

【協議離婚って?】

貴方は、「協議離婚」という言葉、ご存知でしょうか?

 

 

そう、今、貴方がご検討中の、「離婚届を役所に出して、離婚する」離婚方法のことです。

 

 

 およそ、離婚なさる9割のご夫婦が、利用されていらっしゃいますよね。

  

 

ただ、現代社会を見てみると、協議離婚でも、養育費の問題をはじめ、離婚後に様々な問題が生じています。

  

 

その原因とは何でしょうか。

 

 

実は、

「離婚届」だけで話し合いもせず終わらせたり、

様々な取決めをしても、一般的なことのみだったり、

養育費の取決めだけなさったり、

口約束で解決し、証拠を残さなかったり、

電話や、メール、LINEで、全て、その都度解決しようとなさる方が、

後を絶ちません。

 

 

でも、

話し合いがなければ、少なくとも具体的には、何も権利も義務も生まれません。

 

 

一般的なことだけでは、御二人に適切かはわかりません。

 

 

ましてや、養育費の取り決めのみでは不十分です。

 

 

証拠がなければ、権利・義務を、裁判官などの第三者に証明できません。

 

 

「その都度解決」では、時効を主張しない限り、いつまでも続きます。

 

 

そう、時効でない限り、いつまでも「請求」が来るのです…。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊

【夫婦・離婚に徳するお話】夫婦問題は、分析がコツ

【夫婦問題は、分析がコツ】

大きく、「ひとかたまり」で見てしまうと、「これはダメだ」と思うことがあります。

「離婚、難しそうだなぁ…」

「夫婦関係修復、厳しいなぁ…」

しかし、分けて考えて、少しずつ、段階を踏んでやってみると、意外とうまくいったりしるもの。

分析し、わかりやすく、手をつけやすくする。

大きな「ひとかたまり」として考えると、しんどいですが、細かく分析し、できることからやっていく。すると、すんなり解決しやすい。

たとえば、「離婚」。

●なぜ、離婚したいのか?

●離婚するために必要なことは?

●話し合いで、離婚できる?

●話し合いなら、必要な書類は?

●書類を作るなら、何を決めるべき?

●何て言ったら、OKしてくれるかなぁ…

など。

また、相手側の主張も、分析していくと、見えてきます。また、付け入るスキも、見つかりやすい。

たとえば、「離婚はNO!」と頑として譲らない相手。相手の弱み整理し分析する。あ、モラハラがあった。なら、そこから攻める、などというような感じ。

ひとかたまりで考えられること、やはり、分析すべきこと…。

うまく使い分けましょう。

ちなみに、私の「心のカウンセリング」では、分析も行ないます。

 


【夫婦に徳するお話】

お読みいただきありがとうございます。

ご興味を持たれた方は、お気軽にDMでお問い合わせ(無料)ください。

オンライン通話等での全国対応も可能です。

 


夫婦問題研究家・離婚行政書士 渡邉康明 (東京都行政書士会所属)

📍行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス

📞TEL: 090-8306-6741

 


詳細はウェブサイトをご覧ください。

🔗

https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com

 


夫婦にとって有益な情報を、日々投稿しております。…フォローもよろしくお願いいたします😊