徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務13年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】夫婦関係の修復

【夫婦関係の修復】
私は、離婚に関するカウンセリングや行政書士業務を、12年以上やってきて、「なぜ、夫婦は離婚について考えてしまうのか」、ということを常日頃研究してまいりました。


すると、これまでの研究または経験上、問題点が見えてまいりました。


それをうまく活用し、離婚しない方法についても、皆様と一緒に取り組んでまいりたいとも考えるようになりました。


「夫婦関係修復プログラム」。これは、皆様の夫婦関係が修復できますよう、カウンセリング・コーチング・計画書の作成・夫婦契約書などを駆使して、「お互いの問題点の改善」という、科学的・論理的アプローチから、御夫妻をサポートしてまいるものです。


基本的なことですが、御夫婦の共同生活を維持するために、改善が必要な点がこれまであったからこそ、今、御夫婦のご関係が悪化していらっしゃるわけです。


ならば、
①夫婦問題その他問題のリストアップ 
②「①」の問題の解消
から、私と一緒に、あれこれ考えながら、進めてまいる、というプログラムです。


なお、単品の夫婦契約書作成も、承っております。


ただし、視点は、「離婚ライトパック」と同じ。すなわち、カウンセリングにより、御夫妻に、今後必要な改善点に気づいていただき、それを、夫婦契約書作成に反映していただきます。


夫婦関係の修復においては、特に、ただ単に書類を作ればよいのではなく、
①どこが現状において問題か
②「①」ゆえ、どこをお互いに改善するか
を把握してから作っていただきたいのです。


でないと、やはり、せっかく作っても、夫婦関係は、うまくいきません。


なお、こちらは、ご夫婦の問題点が、ご夫婦においてだいたいわかっていらっしゃる、夫婦関係修復の可能性が高いご夫妻に、おすすめです。


詳しくは、私のウェブサイトをご覧ください。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

【離婚に徳するお話】想定する

【想定する】
離婚するための準備や、離婚後のことについては、「想定する」ということが重要となります。


すなわち、「以後、どのようなことが起こりうるのか」を、事前に、想定する、ということ。


簡単に申し上げれば、「〜が起きたらどうしよう??」という心配を、考えられる限り出し尽くし、かつ、そのための策を、事前に、用意しておくわけですね。


たとえば、
離婚準備のときでしたら、
「離婚協議をどう進めていったらよいのかなぁ?」
「こちらの願いに応じてくれなかったらどうしよう?」
などなど。


離婚後でしたら、
「養育費の支払いが止まったらどうしよう??」
ですとか、
「約束を破って、連絡してきたらどうしよう?」
などですかね。


つまり、それらの不安点を想定して、あらかじめ、手を打っておく。


しかし、不安点については、できるだけ漏れなく、網羅的に。


できる限り、完璧な「先手必勝」を狙いましょう。 

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

 

【離婚に徳するお話】いわゆる卒婚

【いわゆる卒婚】
貴方は、「卒婚」という言葉を、ご存知でしょうか。


これは、教育ジャーナリストの杉山由美子さんが、著書『卒婚のススメ』で使用された造語だそうです。


婚姻は継続しながらも、互いに必要以上に干渉することなく、互いの自由を認め合う、夫婦の形。


つまり、夫婦としての法律上の最低限の権利・義務は互いにありつつも、しかし、互いの自由を、可能な限り、互いに持ち、互いにそれを認めあう、「ゆるやかなパートナー」の関係。


キーワードは、「自由」です。


夫婦関係でよく問題となるのは、「束縛」。よく聞くのが、「相手をコントロールしたい人」と「相手にコントロールされたくない人」との夫婦生活。


たしかに、相手を束縛したい方は、それなりにご事情はあるのでしょう。しかし、束縛を好む方はともかく、一般的には、束縛を相手より強いられると、逃げたくなるもの。


その点、「卒婚」は、夫婦における権利・義務を、法律上可能な限り最低限に縮小し、その他は互いに自由とすることに、夫婦間で合意または同意するという、夫婦を維持しつつ、「束縛」を最大限に避ける形でしょう。


婚姻関係だと、「やりたいこと」が、なかなかできないことが多いかもしれません。でも、それぞれの人生は一度きり。既婚でも、できるかぎり、「夢」や「趣味」に挑みたい方も、やはり、いらっしゃるでしょう。


離婚は、離婚後の生活が不安…。けれども、相手が、単に「自由」を理由に、貴方との離婚を望んでいる場合ならば、離婚せず、この形なら、うまくいくかもしれません。


ただし、これには、夫婦間の合意または同意が必要です。合意または同意できたとしても、後のトラブルを防ぐため、契約書または合意書は、作ることをオススメします。


反対に、相手が嫌といったら、現実的には、なかなか難しいでしょう。


なお、家庭生活の状況において工夫し、可能な限り、やりたいことを相手にさせてあげようと、お互いに思えれば、「卒婚」まではいかなくても、自然に、それに近くはなるでしょう。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

【離婚に徳するお話】ご相談は大切なのです

【ご相談は大切なのです】
皆様は、ご相談に、どのような価値をお求めでしょうか。


実は、「相談」は、とても重要です。なぜなら、ご相談によって、今後において、必要なことが、わかるからです。


私の場合、
●離婚カウンセリング(1時間5,000円(税込))
貴方の抱えていらっしゃる問題を題材に、貴方の様々なことを伺いながら、まず、貴方に、心を落ち着け、頭の中を整理し、そして、冷静な状態になっていただき、さらに、心に関する「気づき」を得ていただき、それを、今後に活かします。
また、必要な範囲で、目的・目標の設定も行います。


行政書士相談(1時間3,000円(税込))
貴方の現状を把握したうえ、貴方がどの法的書類を選び、かつ、作成していくのか、それに関するご相談を承ります。


●各書類作成の打ち合わせ(無料)
各書類作成のために必要な事項の確定と、その他、作成に必要なお打ち合わせです。


以上のような、ご相談のラインナップとなります。


実は、これらは、目的と内容が異なります。


ざっくりいえば、
●これからが不安で不明な方は、離婚カウンセリングからが最適ですし、
●「これを作る!」というご意思が、もう貴方にお有りなら、お打ち合わせから。
●法的書類の選択に関してお迷いだけならば、行政書士相談でしょう。


そして、貴方から私が知ることができる内容も、ご相談方法に応じて、変わってくるのも、実は、要注意。


つまり、私が貴方のご事情を知るのは、ご相談の中。


だとすれば、私が相談内で知ることができなかった事実は、どうしても、貴方に「お任せ」となってしまいます。


そして、それは、残念ながら、今後の離婚サポートに、影響が、どうしても出てしまうのです。


対して、必要なお時間をかけた離婚カウンセリングからなさった場合には、その可能性は、やはり、低くなります。たっぷり貴方のご事情を聞きますから。


だから、お時間とお金はかかりますが、ご心配な方は、まずは、「離婚カウンセリング」から、しっかりはじめられるのがオススメ。


ちなみに、「行政書士相談・離婚カウンセリングパック」なら、上記2つとも、やることが可能ですね。


また、「離婚フルパック」、「離婚ベーシックパック」、「離婚ライトパック」なら、定額で、相談し放題。時間を気にせず、思う存分、上記3つの相談ができます。


できれば、お金でなく、必要なものから、ご選択いただけますと、嬉しいです。その分、貴方に、有用なはずです。


..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

【離婚に徳するお話】料理って難しい…

【料理って難しい…】
離婚問題や、夫婦関係の修復の際、「料理」がキーワードになることがあります。


「手料理を作りたいけど、難しい…」


たしかに、難しいですよね。ましてや、料理をなさった経験がなかったり、経験が少なかったりすれば、わかりません。ただ、これは、何事にも、いえるはず。


一番簡単なのは、レシピ通りに材料をそろえ、レシピ通りに調理すること。


本屋さんには、料理レシピ本は沢山ありますからね。好きな本から、やってみましょう。


また、「文字は嫌!」な方は、動画もあります。特に、YouTube。無料で観られますし。また、観ながら、止めたりして、一緒に作れますね。


「料理 基本」や、「料理レシピ」、「料理研究家」など、検索すると、様々。


YouTubeの有名な料理研究家の方々の動画もありがたい。リュウジさんや、コウケンテツさん、はるあんさん、栗原心平さんなど、いろいろな料理研究家・料理家さんがチャンネルを持っていらっしゃいます。


ただし、ポイントは、
●簡単なレシピから挑戦していくこと
●家族がよく食べているような味から挑戦すること(たとえば、和食や、中華、カレー)
●作る途中で、味見を何回もすること
●塩や、醤油、味噌、砂糖などの調味料の追加は、面倒でも、少しずつやること
●原則、炒め料理は強火、煮込み料理は弱火
●美味しく作りたいと思いながら、作ること


特に、最後は、料理研究家栗原はるみさんが、よくおっしゃる言葉ですね。


「胃袋をつかめば、帰ってくる」。夫婦関係の修復をお望みの場合、それが食事に問題があるときは、参考になさってください。


..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

【離婚に徳するお話】士業ネットワーク

【士業ネットワーク】
13年近く前から、私が、行政書士として活動を始めたとき、まず、士業ネットワークの構築に挑みました。


もちろん、法的問題においても、行政書士にできること、実は、たくさんあります。


離婚問題についていえば、離婚協議書を作ったり、内容証明を作成するお手伝いをしたり、警察に被害届を出すお手伝いをしたり、離婚に関する届出に関し、行政への各種手続きのサポートをしたり…。


しかし、たとえば、法務局に関する手続きは、司法書士の先生方の出番ですし、家庭裁判所・裁判所に関する手続きは、依頼案件の内容により、弁護士または司法書士の先生方の出番となるでしょう。


「私は、行政書士なので、後は、ご自分で、その専門家を探してください」


これを、自分としては、依頼人の皆様に、極力、言いたくありませんでした。


だから、まずは士業のネットワークを、しっかり作ってきました。


最初は、士業の先生に、ご挨拶にまいったり、実際に、依頼人様に関し、先生にお問合せをさせていただいたり…。これまで、いろいろやってきましたね。


おかげさまで、今は、素敵な士業のネットワークが大きくできています。先生方のおかげです。ありがとうございます。


あと、これから、更に、探偵・興信所の方などにつきましても、ネットワークを、さらに、深めていきたいですね。ちなみに、依頼人様からの「探偵の方は、お知り合いではないですか?」と、よくいわれます。


自分にできないことは、バトンタッチ。しかし、信頼できる方にバトンタッチしたいもの。だから、ネットワークを広く、かつ、骨太に…。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室

 

【離婚に徳するお話】何でそうなったの?

【何でそうなったの?】
離婚をご選択なさっても、夫婦関係修復をご希望でも、「何でそうなったのか」は大切。詳しく思い出し、分析したいものです。


「なぜ仲が悪くなったのだろう…」


そこには、必ず、「原因」があります。


たとえば、
●相手の家事・育児に協力的でなかった
●相手が嫌がることをした
●相手が傷つくことを言った
…など。


しかし、これだけでは足りません。


もっと具体的に、シビアに、やったこと、されたことをリストアップ。そして、なぜそうしたか、されたか、「なぜ」を、どんどん重ねていき、掘り下げ、原因にたどり着いてみましょう。


そのためには、「ノート」に書いていくのがベスト。たぶん沢山書きますので。まあ、すくなくとも、どんどん「紙」に「書いて」いきましょう。


パソコンのワードや、スマホのメモ機能をご希望なら、まあ、それもよいでしょう。


今は、これが手軽ですからね。いざという時、弁護士の先生などに、データとして送るべき際、楽ですから。


しかしながら、「分析する」という目的を重視するのならば、やはり、昔ながらの「手書き」の方が、効果的だと、私は思います。

 

..


最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

 


◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。

⚫︎夫婦関係修復プログラム

⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成


詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室