徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚法務12年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。なお、具体的な業務も当然可能。皆様の離婚準備のトータルサポートまでもご用意。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページを。お問合せは無料。幸せな離婚後のために…。

【離婚に徳するお話】情報は正確に

【情報は正確に】
離婚に関する情報は、様々あります。

インターネットによる情報も、もちろん便利です。しかし、法律に関する情報というのは、専門家から取得したいものです。

法学部や、法学研究科、法科大学院の教授。特に、民法でも、離婚に関する研究をなさっていらっしゃる先生のご見解は心強いですね。学者の先生は、離婚に関する法律・判例の解釈につき、深く、論文を公表しながら研究なさっていらっしゃるわけです。「これが妥当だ!」と。

実務家でも、離婚法務についてご研究され、実務経験がご豊富な先生方のご見解は心強いわけです。特に、学者の先生方とは別で、実際に、依頼人の案件につき、様々な機関を通し、具体的に問題解決をなさっていらっしゃるところが心強い。「現実はこうだよ」と。

だから、学者・実務家の考え方をバランスよく取り入れたいもの。

僕の場合は、離婚に関する法務の研究をする際は、学者の先生が書かれた文献と、実務家の先生が書かれた文献の両方を参考文献として使用します。

すると、結論の妥当性が高まるわけです。

12年目でも、絶えず研究。離婚に関する法律・判例も、日々少しずつ変わるので、研究に終わりはないと思います。

ですから、まずは、上記をご参考に、信頼できる方から情報を得てください。

自分に有利な情報は声高に伝え、自分に不利な情報は伝えない。それが「世の常」。残念ながら、正しい情報は、自分の責任で積極的に勝ち取らざるを得ないわけです。

------------------------------------------------------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明

○当職直通携帯電話
090-8306-6741
○当職直通メールアドレス
y-watanabe@edvon.net
gwatanabekh@gmail.com


●心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を、3つの視点からトータルサポート。
①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポートなどの離婚に関する法務
③離婚コーチン

詳しくは、僕の下記ホームページを。

『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。

■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県結城市筑西市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市下野市など)などで活動中。なお、その他エリア含め、現在全国対応中です。


行政書士法人エド・ヴォン 東京オフィス】
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823