徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務14年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】予防法務と離婚

【予防法務と離婚】
法律専門家の間では、「予防法務」という考え方が存在します。


すなわち、簡単に申し上げれば、「トラブルを未然に防ぐには、どうしたらよいか、また、万が一トラブルが発生しても、どう最小限のダメージでおさえるか」というものです。


まず、離婚問題において、トラブルを未然に防ぐためには、結婚前に、「婚前契約書」を交わすことが、一つの手です。


婚前契約書は、日本ではまだまだ認知度が低いのですが、結婚する前に、夫婦間の家事分担やその他約束事につき、話し合い、その結果を、契約書の形にまとめたもの。


これがあれば、「きちんと約束しましたよね?」と、万が一のときには、言えるわけです。


対して、離婚時。親権や、養育費、慰謝料、財産分与などの問題については、「離婚協議書」や「公正証書」などが、役立ちます。


これらも「契約」したゆえの書類ですから、明らかに、互いに得る権利・守る義務が生じますし、守られなければ、相手に対し、法的手段をとることもできるわけです。 


ただし、これら書類は、不足なく、また、的確に作ることが重要なポイントです。


次に、離婚時に貴方のダメージを最小限におさえるには、やはり、「証拠」が重要になるかと思います。


たとえば、浮気や、育児の非協力、DV(肉体的・精神的な暴力)、モラハラなどは、きちんと証拠を残しましょう。


できれば音声や、画像、動画があれば、よろしいかと存じます。


ただし、証拠は、念のため、裁判所で証拠として認められる方法で、集めましょう。


離婚に関するトラブルを未然に防ぐ、または、最小限のダメージにする、予防法務対策。しっかり行いたいものです。

 

..



最後までお読み頂き、ありがとうございます。後は、個別に。貴方の件にうまく当てはめて。お問合せ(無料)から、お気軽に…。

【全国対応。オンライン+通信も可能】
①お問合せは、面談や、電話、メール、DM(TwitterまたはInstagram)にて。
②離婚相談その他全サポートは、面談のほか、LINE(但し、レターシーリング設定済。トークまたはビデオ通話)や、InstagramビデオチャットSkype、Zoom、郵送等も、可能な限り活用します。

--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属、行政書士。夫婦問題研究家】
・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯「ワタシだけのリコンのカタチ。」貴方の離婚準備を、3つの視点で、トータルサポート。
①離婚カウンセリングで、冷静に。
②離婚後の計画を基に離婚協議書などの作成で、対策。
③離婚コーチングで、計画に基づいた、実行を。

◯また、「離婚行政書士」だからこそ…。
⚫︎夫婦関係修復プログラム
⚫︎後のトラブルを防ぐ、婚前契約書、事実婚契約書、パートナーシップ契約書の作成

詳しくは、私のホームページを。
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
 
■ 東京都台東区を拠点に、全国にて活動中。また、海外居住の方の案件も、実施中。
 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野2-22-5 旭ビル502号室