徳する離婚相談など[栃木県小山市等]

離婚業務13年目。「離婚行政書士」渡邉康明による、栃木県小山市とその周辺の皆様のための、離婚相談、離婚届、離婚協議書、公正証書などの離婚準備・離活に役立つお話。全離婚サポートは、LINEなどの通信も可能。白鷗大学法学部法律学科卒業。白鷗大学大学院法学研究科(修士課程、民法専攻)修了。旧「行政書士ワタナベ家庭の法務事務所」代表。しかし、当時よりサービスの質とラインナップはパワーアップ。詳細は各記事にリンクしておりますホームページをご覧ください。お問合せは、無料。

【離婚に徳するお話】傾聴の大切さ

【傾聴の大切さ】
「渡邉君は、依頼人の方のお話、ずーっと聴けるの?…俺には難しいなぁ…」


かつての事務所時代、先輩の行政書士の先生から、そうおっしゃっていただいたことがあります。


さて、私の離婚カウンセリングや、法務相談では、「傾聴」を大切にしています。


goo辞典によりますと、傾聴とは、「耳を傾けて、熱心に聞くこと」だそうです。


思うに、まずは、ご相談者の今抱えておられる全てを知らなければ、私たちは何もできません。たとえ、解決策を出したとしても、不完全なものとなってしまいます。


なおかつ、ご相談者は、頭の中で、「これを言ったらどうかな?」と考えてからご発言をなさりやすいのですが、その遠慮すらも不要だと私は思います。


なぜなら、貴方の頭の中をまずスッキリさせないと、何も冷静に判断できないからです。


だから、私は、ご相談者から、思いつくまま、自由に話していただきます。ブレインストーミングをまずしていただくのです。これは、離婚カウンセリングであれ、法務相談であれ、同じ。


ただ、離婚カウンセリングでは法的書類に関すること以外のアドバイスを、法務相談では法的書類に関することを私がアドバイスさせていただく、という結論が違うだけです。


なおかつ、「怖い」や「一方的」などの専門家にもたれやすいマイナスイメージも、極力排除しています。


適切な「傾聴」に、日々努めてまいります。

..


最後までお読み頂き、有難うございます。後は個別に。まずはお問合せから、お気軽に…。

【通信も可】私による、①お問合せは、面談のほか、電話、メールにて承ります。②離婚相談・書類作成は、LINEや、Skype、Zoomも活用中です。


--------------------------------------
◯ 離婚行政書士 渡邉 康明
 【東京都行政書士会所属。行政書士、申請取次行政書士

・当職直通携帯電話 
090-8306-6741
・当職直通メールアドレス 
gwatanabekh@gmail.com
 
◯心配な将来…。貴方の離婚準備(離婚届、子供の親権・養育費、慰謝料、財産分与等)を3つの視点でトータルサポート。

 

①離婚カウンセリング
②離婚協議書、内容証明作成、公正証書作成サポート等の離婚に関する法務
③離婚コーチン
 
詳しくは、僕の下記ホームページを。
 『幸せな離婚後を願うために。〜離婚行政書士の離婚相談所』
https://divorce-support-watanabe.jimdofree.com/
GoogleYahoo!で、「離婚相談 台東区」などで1ページ目に表示されます。
 
■ 東京都台東区を中心に、東京都(世田谷区、港区など)、神奈川県(横浜市川崎市など)、千葉県(柏市松戸市など)、埼玉県(川口市さいたま市など)、茨城県つくば市古河市など)、新潟県五泉市新潟市など)、栃木県(小山市宇都宮市など)などで活動中。なお、その他全国・海外居住の方の案件も実施中。

 
行政書士法人エド・ヴォン東京オフィス
〒110-0015 東京都台東区東上野3-17-9 福島屋新井ビル3F
TEL:03-6672-5669 ⁄ FAX:03-5817-4823